INTO THE GROOVE

洋楽/邦楽、メジャー/インディー、分け隔てなく。「今」を生きる、選りすぐりのポップミュージックを。 selected by YAMAGE

2017年 期待の邦楽アクト 20選

20 ANTICIPATING JAPANESE ARTISTS of 2017

 

 BBC「Sound Of」シリーズのノリで、日本の音楽シーンにおける2017年期待の若手アーティストを20組、僕なりの感覚で選んでみました。このあたりの人達が2017年を盛り上げてくれそうだなという予測と希望的観測を織り交ぜつつ。だいぶ偏ってると思いますし「この人若手?」と思われる方もいるかもしれませんがお許しください。あと、ここにいない今年オススメのアーティストいましたらぜひとも教えていただきたいです。ではでは、紹介していきます。

 

 

 

1. Suchmos

http://pbs.twimg.com/media/Cks1GCMUkAEhV-X.jpg

 はい、いきなり有名どころを選びました。ご存知の方も多いでしょう、Suchmos(サチモス)です。かねてからジャパニーズ・インディ界隈では有名なバンドでしたが、昨年「STAY TUNE」がCMソングとして起用されたことでお茶の間層にまで名前が浸透しつつありますね。YouTubeの再生回数も1000万回の大台を突破しています(すごい)。そんな乗りに乗っている彼等ですが、1月25日にニュー・アルバム『THE KIDS』をリリース。このアルバムによって彼等はより多くのリスナーに認知されることでしょうし、後のシーンにどのような影響を与えるのかまで含めて非常に興味深い、2017年の重要作になりそうです。

http://www.suchmos.com/wp/wp-content/uploads/2016/12/40fe3264bcd7d8b6102aff1e9dc8ec25-e1481257131711.jpg 

 

 

 

2. Nalbarich

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http://cdn2.natalie.mu/media/1608/0816/extra/news_header_Nulbarich_art201608.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 Suchmosのブレイクで和製アシッド・ジャズの気運が高まっていますが、そんななかで昨年、マルーン5に通じる軽妙さを持って登場したNalbarich(ナルバリッチ)にも注目したいです。ビジュアル・ファッション性をキャラクターに組み込んだSuchmosとは違う、謎に包まれた覆面スタイルは大衆にどう映るのか、また、SuchmosやNalbarichは、現在飽和状態にあるシティポップのムーヴメントにどういう影響をもたらすのか(さらにブームを拡張させるのか、止めを刺すのか)。そのあたりの動向も気になるところ。

 

 

 

3. FIVE NEW OLD

http://fivenewold.secret.jp/wp-content/uploads/2013/06/five-new-old_331608.jpg

  神戸出身のバンドです。下の「Stay (Want You Mine)」を最近ラジオで聴いて彼等のことを知ったのですが、いや〜大好きですねこの曲。ニュージャック・スウィングをファンクで味付けした感じや、メロウR&Bの甘さもありつつAORっぽさもあるバランス感覚がツボで、最近ずっと聴いています。英国のThe 1975、もっと遡るならばボビー・ブラウンホール&オーツ、プリンスまで参照点として挙げられそうですが、こういったロックとR&Bの中間を行った感じはSuchmosともリンクしますし、うまいこと気流に乗ってくれたら嬉しいです。

 

 

 

4. D.A.N.

http://natalie.mu/media/1609/0930/extra/news_header_dan_art201609.jpg

 昨年の僕のベスト・ソングの1位に選ばせてもらったD.A.N.ですが、今年も引き続き注目しています。

yamage1988.hatenablog.com

 昨年末に発表されたニュー・シングル「SSWB」がまた良かったんですよね。この手の音が一般層まで浸透するかは謎ですが、シティポップの次にあるのは、こういうミニマルで洗練された音だったり、ロックとクラブミュージックのクロスオーヴァ―だったりする気がするので(感覚的に言っていますが)、もっと評価されてほしいし、何かの拍子で大衆に認知されたら・・・なんて期待を込めて応援しています。

 

 

 

5. yahyel

https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/50135/cb052e3cb0978fadd25bda249a6022d0_0fb832c0d2ae774a0a5bb33b173daae0.jpg?width=628

 今年注目しているメディアも多いみたいですね。これでヤイエルと読みます。2015年結成の5人組。海外のトレンドを見据え、アンビエントR&Bやトラップを意識したハイセンスな楽曲が耳を引きます。はじめて聴いたとき「え、本当に日本人?」って驚きました。昨年は欧州ツアーも成功させているようで、海外での展開も気になるところ。昨年末に1stアルバムをリリースしたばかり。

 

 

 

6. 向井太一

http://www.toysfactory.co.jp/artist_images/006513_aRbBlYx9PpUf2vQEEP1XHa9e7maJSR.jpg

 1992年生まれのシンガー・ソングライター。僕はかなり期待しています。オルタナティヴR&Bをベースに、トラップやレゲエを取り入れたりと音楽性が先鋭的かつ多角的ですし、中性的で特徴のある歌声やビジュアルも華があって魅力的。イヤーズ&イヤーズみたいなバンド日本で出てこないかな〜ってここ1、2年思っていたんですが、バンドではないですが案外この人が近いかもしれないです。イヤーズ&イヤーズのオリー・アレキサンダーがインディR&Bに寄ったようなカッコよさを感じます。yahyelやD.A.N.はちょっと取っ付きにくいと思った人でも聴ける柔らかさもあるし、次世代の清水翔太ポジションを狙えるかも。

 

 

 

7. CICADA

http://asbs.jp/mgr/ckfinder/userfiles/images/NEW_A-sya.jpg

 シケイダと読みます。昨年GOMESSとのコラボ企画曲「City Lights」(せっかく良い曲なのに今のところ公式流通していない・・・)で知って、そのあとライブを観て気になったバンドです。ヒップ・ホップ/トリップ・ホップを90年代J-POP的に、かつバンドサウンドで再解釈したような感じなんですが、楽曲によってベースミュージックだったりシンセポップだったりと表現をガラッと変えてしまう柔軟さ、音楽的レンジの広さが魅力的。

 また、ACOを彷彿させる、紅一点ヴォーカルの城戸あき子の存在感、声質の良さが大きいですね。彼女は昨年の冨田ラボのアルバムにYONCE(Suchmos)やコムアイ(水曜日のカンパネラ)と共に参加していて、そういったバンド外での活動を含め、ボーダーレスなスタンスに可能性を感じています。

 

 

 

8. HOWL BE QUIET

http://tomo-life.com/wp-content/uploads/2016/09/HOWL-BE-QUIET.jpg 

  昨年メジャーデビューを果たしたピアノロックバンド、HOWL BE QUIET(ハウル・ビー・クワイエット)。アニメのタイアップも手伝って徐々に知名度を上げていて、ブレイクするのは時間の問題か。たしかな演奏力に裏打ちされたサウンドを通しつつも、アイドルというフォーマットを使ってポップに振り切っているあたり、The 1975やウォーク・ザ・ムーンなど海外のポップ・バンドに通じるものがあります。日本のバンドカルチャーとは別文脈でこういうバンドが出てきたのは面白い。

 

 

 

 

9. 打首獄門同好会

http://c.okmusic.jp/news_images/images/243364/original.jpg?1405593885

 このバンドは昨年ライブを観る機会があったのですが、(メンバー兼マネジャーのパワポVJ含めて)パフォーマンス力が高くインパクト大で面白かったです。ヤバイTシャツ屋さんもそうですけど、ナンセンスでノリ重視でわかりやすいので、フェスやライブ会場を中心に人気が出そう。

 

 

 

  

10. TORIENA

http://vvrocks.net/wp/wp-content/uploads/2016/06/toriena.jpg

 サウンド(作詞・作曲・編曲)からビジュアル・アート(イラスト・デザイン)まで全てひとりで手掛ける才女。チップチューンという音楽ジャンルをポップシーンで開拓していく活動をされていて、昨年はポップメイカーのYunomiと組んだ「大江戸コントローラー」や、Maltine Recordsからリリースした「解像度 EP」も話題に。ゲームボーイの実機を使ったライブ・パフォーマンスも奇抜で面白い。2月25日には初のワンマン・ライヴを予定しています。

 

 

 

11. UCARY & THE VALENTINE

http://ucary214.com/img/head.jpg

 昨年から気になっている人ですね。下の「NEW DANCE」がエッジィでカッコイイなと思いまして。フローレンス&ザ・マシーンみたいな名前ですが、ソロ・プロジェクトだそうです。昨年はMOP OF HEADのゲストヴォーカルとして「Do It」という楽曲をリリースしていました。音源もまだ少なく、今年はどんな活動をされるのかわかりませんが、密かに応援しています。

 

 

 

12. テンテンコ

http://www.toysfactory.co.jp/artistimage_images/006725_4Dc8JndxlPga3PtWc4hWuxxf4tkQ5V.jpg

 かつてBiSという(ある意味で伝説の)アイドルグループに所属していた人ですね。BiS解散後もソロ活動を続け楽曲をリリースしているのですが、アイドルの枠を超えた強靭さを感じられるものが多くカッコいい。最新曲の「くるま」は、∈Y∋(BOREDOMS)をサウンド・プロデューサーに迎え、ノイズ・インダストリアル・テクノに挑戦しています。新しいアイドル像としてのアイコン性を備えていると思いますし気なる存在です。

 

 

 

13. あいみょん

http://www.mag-img.com/img/biography/75720161005224029.jpg

  1995年の生まれのシンガー・ソングライター。他アーティストへの楽曲提供やインディーズ活動を経て、昨年11月にワーナー・ミュージックよりメジャー・デビュー。ポエトリー混じりの弾き語りがシニカルながらも聴き手に寄り添うような親密さがあって良い。同世代の若者のカリスマになり得るポテンシャルを感じます。

 

 

 

14. BOMI

http://news.music.biglobe.ne.jp/files/51/54/1025/20121025105451_0.jpg

 1987年生まれのポップシンガー。最新アルバムからの「A_B」を聴いて気になりました。いまいちキャラクターを掴みきれていないのですが、実力派だと思いますしセンスの良さを感じますし、いつかのBONNIE PINKみたく何かのきっかけがあれば跳ねるんじゃないかなと思っています。

 

 

 

15. iri

http://www.iriofficial.com/images/img_prof.jpg

 1994年生まれ、神奈川県逗子市在住のシンガー・ソングライター。昨年アルバム『Groove It』でデビュー。アコースティックギターでの弾き語りを得意しつつも、ソウル/R&Bからヒップホップ・マナーの楽曲まで幅広く手掛ける多才ぶり。

 

 

 

16. chelmico

http://file.blog-ocha-club.diskunion.net/tumblr_o1imswOdMD1ubxuamo1_1280.jpg

  2015年にインターネット界隈から現れ、徐々に知名度を上げている女性2人組ラップデュオ、chelmico(チェルミコ)。英語の発音の独特さ含めフロウに、ケロ・ケロ・ボニトに似たクセになる中毒性がありますね。トラックメイカーの人選も含めてセンスを感じます。「テラスハウス」から飛び出してきたような、お洒落でアーバンな女の子像を演じていて、日常に遠すぎず近すぎずな絶妙な世界観が良い。

 

 

 

17. ぼくのりりっくのぼうよみ

http://bokuriri.com/wp/wp-content/themes/bokuriri/img/main_ap.png

 現在大学一年生の18歳のぼくりり君ですが、才能を感じる気になる存在ですね。クラウドファンディングにオウンドメディア「Noar's Ark」の公開と面白い動きをしていて、音楽以外の活動も気になるところ。ニュー・アルバム『Noar's Ark』は1月25日公開。

http://bokuriri.com/wp/wp-content/uploads/2016/12/bokuriri_noasark_cover_初回_s.jpg

 

 

 

18. SKY-HIGH

http://img.imageimg.net/artist/skyhi/img/profile.jpg

  最近名前をよく耳にしますね。パフォーマンス・グループAAAのメンバー日高光啓のソロ・プロジェクトです。この人のJ-POPの黄金律のようなサウンドに乗せた軽妙なラップの組み合わせって面白くて、昨今のラップブームの流れに乗りつつも、昨年ブレイクした米津玄師や、RADWIMPSのような言葉数多めの語り部ロックに共振するものがあり、フロウで言うと先ほどのぼくりりに通じる独特の臭みがあったりして、参照点が色々なところに存在するんですよね。それだけ広範囲に響きそうなフック力を感じるので、今年さらに多くの人を巻き込んでいくんじゃないかという予感がしています。

 

 

 

19. Creepy Nuts (R-指定&DJ松永)

http://kai-you.net/r/img_words/88353/c688x516/c69f52e931652f4f60a983ecb2454c58.jpg

  R-指定は「フリースタイルダンジョン」に始まったジャパニーズラップ・ブームの火付け役の一人。そんな彼とDJ松永によるユニットCreepy Nutsの新曲「助演男優賞」はかなりポップに寄せた作りで、これはヒップホップやラップに馴染みのない人にも響きそうな、メインストリームに貫通しそうな強度を感じますね。時事ネタをブラックに扱いつつダンスのフリも印象に残るヴィデオも憎いくらいよく出来ています。

 

 

 

20. PUNPEE

https://pbs.twimg.com/profile_images/700642200271519744/lAnQwvz4_400x400.jpg

 最後はこの人。日本のヒップホップ・シーンでは有名なMC/トラックメイカーですね。最近、ゲームソフト「キングダム・ハーツ HD2.8 ファイナルチャプター プロローグ」のテーマソングとして宇多田ヒカルの「光」のリミックスを他掛けたり、STUTSとの「夜を使いはたして」が「テラスハウス」の挿入歌に起用された流れがあり、彼から日本のヒップホップシーンからメインストリームへと躍り出ようとする勢いを感じます。