読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

INTO THE GROOVE

洋楽/邦楽、メジャー/インディー、分け隔てなく。「今」を生きる、選りすぐりのポップミュージックを。 selected by YAMAGE

フジロック・フェスティバル 2017 第一弾出演者発表

サマソニ」に続き、「フジロック」の第一弾アーティストが発表されました。

 

http://www.fujirockfestival.com/img/flyer.png

 

嬉しい!期待以上に豪華で驚きました!

 

 エイフェックス・ツインビョークもいいんですけど、注目したいのは2、3列目の並び。LCDサウンドシステム(本場だとヘッドライナークラスの人気)とロード、エックスエックスが同じ年に来日するなんてすごい。世界各地のフェスに引っ張りだこの3組ですよ。あと個人的には、最近デビューアルバムを発表したばかりのサンファ、昨年出したシングルがどれも良く、「Sound Of 2017」にも選出されているマギー・ロジャーズの2組がいるのがアツいですね。ファーザー・ジョン・ミスティにメジャー・レーザー、QOTSAボノボも観たいです。

 

 先日、近年日本のフェスは海外アーティストのブッキングに苦戦しているのではないかと書きましたが・・・

 

杞憂でした。今年のフジは良い兆候を見せていると思います。それは上のフライヤーのデザインとアーティストの並びからも見て取れます。これまでは苗場の大自然をバックにした実写デザインでしたが、それがアニメタッチに変わり、並び順も含めて明らかに「コーチェラ」や「ロルパルーザ」など海外の人気フェスを意識した作りになっています。世界水準のフェスを作ろうとする意思表示が感じられます。SNS時代の得策とも取れますね。このビジュアルがSNS上で拡散され海外の人が目にした時、これが日本のフェスだと知って良い意味で驚かれる方、きっと少なくないと思います。フジはもともとそれができる渋さとグローバル志向を持っていたのですが、今年大きく振り切った感じですね。逆を言うと、日本オリジナルのものは薄れていて、世界に迎合したと取る向きもあるでしょう(実際この上から邦楽アーティストが追加されるので、そういう印象は強くは持たれないとは思いますが)。ただ、世界と肩を並べた現場感を持つことって、これからの時代をサバイブする上で重要なことだと僕は思います。残りのラインナップと日割りの発表次第ではありますが、全日は厳しいとしても最低1日は行きたいと思います。